ネットでお金を稼ぐブログ

ネットでお金を稼ぐブログです。まだ副業です。

Welq事件から学ぶ記事のリライト方法 「コピペ方式」

先日、記事のリライト方法を紹介しました。

3,000文字ほどのロングな記事なので、時間がある時に見てもらえると嬉しいです。

okanekasegu.hatenablog.com

 

あのやり方が正統派のやり方ですが、今回は、反則的なWelq方式を紹介します。

もう1年も前のことなので、ご存じの人も多いと思いますが、Welqから学べることも多いので、今回紹介して行こうと思います。

簡単に、Welq事件の紹介

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が、2016年12月に自社が提供していた医療キュレーションサービス「Welq」について、不適切な記事が多数掲載されていたとして謝罪しました。

 

これでWelqを含めた同社が運営する九つのキュレーションサイトを全て閉鎖することになりました。

 

Welqは医療を中心に、さまざまなキーワードで1位を独占していました。

非常にたくさんのキーワードで1位をとっていたSEOに強いサイトだったのです。

 

Welqがやってた不適切な方法とは?

Welqの責任者に村田マリっていう人がいて、この人は「SEOの女王」と呼ばれた凄腕の人でした。

この人がやっていたやり方は、Googleの裏を突いたやり方で、たくさんの安い人材を使い(ランサーズなどの外注や、インターンの安い人材を使って)毎日100記事もアップしていたそうです。

 

具体的にやっていた方法はこんな感じ。

 

1.キーワード1位、2位の記事をコピペする

まず、上位表示したいキーワードをGoogle検索し、1位、2位の記事を見ます。

読んで良い記事をコピペするところから始まります。

 

2.Googleサジェストを使い、検索が多いキーワードを中見出しに詰め込む

次に、検索が多いキーワードを中見出しに詰め込みます。

ここで使うのがGoogleサジェストです。

 

例えば、Googleサジェストで「ダイエット」というキーワードを入れます。

そうすると、こんなキーワードが出てきます。

 

  • ダイエット 食事
  • ダイエット サプリ
  • ダイエット レシピ
  • ダイエット 速報
  • ダイエット 筋トレ
  • ダイエット ブログ
  • ダイエットアプリ
  • ダイエット方法
  • ダイエット おやつ

 

これを元に、1つの記事の中に中見出しとしてこれらのキーワードを詰め込みます。

こうすることで、さまざまなキーワードでの検索に対応した記事が出来上がります。

 

3.コピペした記事を使いながら、より分かりやすく書き直す

この2つを元に、より分かりやすい記事に書き直して行きます。

ここで注意したいのが、「初心者」が読んでも分かるように!ということ。

 

記事を読む人の8割は初心者です。

マニアック向けの記事よりも、初心者向けの記事の方が読まれる傾向があります。

初めての人でも分かりやすく、例えを入れたり、写真を入れたりしながら記事を書いて行きます。

 

4.スマホ向けに作る

最後に、パソコン向けではなく、スマホ向けに記事を書いて行きます。

今はスマホユーザーの方がPCユーザーよりも多く、7割スマホ、3割PCという割合で訪問者が来ます。

すき間時間に見てくれる若い女性向けに記事を書くようにターゲティングしていたようです。

 

こんな感じの「コピペからのリライト」方式で記事を書くのがWelq式です。

 

なぜWelqは告発されたのか?

こんな感じの記事を、専門家でもない若い女性に書かせていたWelq

1記事2,000文字以上を90分以内に書かせていたようです。

 

働く女性にとっては、2,000字を90分以内に書きあげることが大切なので、記事の信ぴょう性とか、多少の記事の違和感などは関係ありません。

ということで、記事の構成が変だったり、コピーされたのが丸わかりだったり、著作権侵害をしまくっていたのです。

 

ほとんどのキーワードを1位独占してしまえば、「コピペ」されてるのも分かってしまいますし、コピペされた側も黙っていないですよね。

 

Welqから学ぶリライトとは?

ここで学ぶことは、「コピペ」ではなく「参考程度」にしておくことです。

Googleサジェストを使うことは間違っていないですし、1位、2位のサイトを参考にすることも間違っていません。

ランサーズなどを使って記事を外注することも問題ないので、ぜひ活用できるところは活用してみましょう。

 

ボクも外注化を始めましたし、Googleサジェストを使って「タイトル選び」をしています。

ぜひ今後の参考にどうぞ。